あなたの滞納料金、時効になっているかも?
時効になっているかの確認・無料相談はコチラ

2014年01月29日

払えない携帯代を時効にするには

未払いの携帯代を時効にするのは難しいことでしょうか?

周りに”時効を成立させたので払わなくてよくなった”という人、そんなにいないと思います。
滞納している人もそうそういないと思うので、いざ時効の援用をしてみようと思っても相談できないので不安を抱えてしまうことも。

時効については、法律に詳しい専門家に相談することが一番確実です。

でも…
相談しに行くのは、遠かったり、時間が無かったりでなかなか行く機会がないという方も多いと思います。

時効については条件があるので、まずは条件をクリアしているかどうかチェックしてみてください。
その上で、時効の可能性が高ければ電話や直接相談に行ってみるといいと思います。

時効の援用を失敗したくないなら
中途半端な知識より、専門家に聞くほうが間違いなし!

アヴァンス行政書士法人 公式サイトを見る
↑支払い延滞や滞納の時効が気になるなら無料相談がおすすめ

posted by もみじ at 16:20| Comment(0) | 時効の条件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月18日

時効に必要な「時効の援用」

借金や携帯電話代、家賃の滞納を時効にしたいと思ったら、「時効の援用」というものが必要になります。
この手続きを行わないと時効は成立しません。

手続きというと専門知識が必要な感じがしますが、時効の援用に必要なものは内容証明郵便についての知識と、相手の貸主に送る文書の書き方を知っておくことです。
時効の援用は行う前のほうが注意が必要です。

時効期間が中断することなく、5年間過ぎていれば時効の援用に問題が無ければ成立します。
が、気づかないうちに時効の中断に当たることをしていて5年を経過していないのに援用をしてしまうと、相手の貸主に時効にしようとしていることを知られてしまい裁判を起こすなどの中断措置を取られてしまう可能性が高くなります。

時効を考えているなら、一度専門家に中断になっていないか相談してみるのもいいと思います。

時効の援用を失敗したくないなら
中途半端な知識より、専門家に聞くほうが間違いなし!

アヴァンス行政書士法人 公式サイトを見る
↑支払い延滞や滞納の時効が気になるなら無料相談がおすすめ

posted by もみじ at 17:18| Comment(0) | 時効の条件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月13日

5年以上経ったら時効?

借金、滞納している携帯料金や家賃は5年で時効です。

5年で時効という情報だけを信じて、「5年払わなかったら時効になるから5年待てばいい。」と思っている方がいますが、5年後に自動的に時効になるわけではありません。
時効になれば支払いの義務はなくなりますが、借りたお金や使った分の料金を払いもせずに踏み倒しているので、そう簡単にできるものではありません。

5年という時効期間を過ぎたら、時効の援用という手続きが必要です。
援用をしなければ、滞納の状態が続くだけです。

時効の援用自体は、「時効なので払いません。」という意思を、お金を貸した貸主や携帯料金、家賃の支払先にはっきりと、一般的には内容証明郵便で伝えることですので、難しいものではないと思います。
しかし、内容証明郵便の記載に漏れがあれば時効は成立しません。

あいまいな情報を信じて時効の援用をするよりも、詳しいことは専門家に聞くことをおすすめします。

時効の援用を失敗したくないなら
中途半端な知識より、専門家に聞くほうが間違いなし!

アヴァンス行政書士法人 公式サイトを見る
↑支払い延滞や滞納の時効が気になるなら無料相談がおすすめ



posted by もみじ at 16:00| Comment(0) | 時効の条件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。